2018. 5.15 沖縄返還の日

4241
46年まえの今日、沖縄が日本に返還された、佐藤栄作首相の時である。非核三原則「核を造らず、核を持たず、核を持ち込まず」核抜き本土並みというキャッチフレーズであった。どうも奥歯にモノが挟まった感じを受ける。「本土並み」というのが、既に本土でも米軍の艦船には積込んで入港しているよ、という段階で推移しているのか、その辺りが不透明である。横須賀に米軍の原子力空母が寄港するだけで、左系団体がデモをしていたことを思い出す。30年以上時が経てば、文書公開ということもあろうかと思われるが、その頃の政府
2018. 5. 5 こどもの日

4231
2018. 5. 4 創立記念日で休みだったみどりの日

4230
この日は、卒業した高校の創立記念日である。当時は4日は休日ではなく普通の日であった。先生も生徒も効率がよいということで4日を創立記念日として休みとしたと聞いている。実に現実的な賢明な判断であると思う。確かに、4日が登校日であれば、生徒の中にはズルをして休む連中が多くなる恐れがあるし、一層のこと休みにしてしまえば、先生の方もリズムが狂わなくて済む。しかし客商売の業種では、この判断は難しい。やはりカレンダー通りで店を開けねばならないでしょうね〜。
2018. 5. 3 憲法記念日

4229
2018. 4.29 波乱の"平成"昭和の日

4225
平成があと1年となった。オカシイもので「平成」となって、ベルリンの壁が崩れ、東西冷戦が終わった。皆平等「平たく成る」と、日本が元号を変わったとたんに、世界が地響きを轟かせて、どんどん変っていった。社会主義・共産党は壊れ、NY貿易センタービルテロ、イスラム国難民、EU統合と脱退、非自民政権が2回、自社連立が1回、大きな地震が4回、サリン・オウムのポア騒動、銀行金融機関は統合合併解散でメガバンクは3つ。平成時代は、前半は昭和の清算、後半は真実が表に出てくる時代、言わば"下克上"で、現在も続いている。世界の動きは、日本の動きに合せたように、今も波乱の様相である。なぜでしょうか?
2018. 4. 5 金融機関の再編?

4201
三菱東京UFJが名前を変えて、東京が取れて、三菱UFJとなる。今年はさらなる銀行再編が訪れるのではないかと予感する。いつまでも金利ゼロというのもオカシイ話で、景気が良くなるのであれば、当然のこと金利も上昇するのが常で、株価が上昇すれば円相場は高くなって、輸入業者やエネルギー関連は潤うはずだ。
2018. 1.22 まどろむ

4128
冬の日は寝間に入っててまどろむことが多い。すぐに寝入ってしまうときはいいが、頭の中では色んなことが浮かんでは消え、関連のある事柄がまた浮かんでくる。ウトウトしながら眠るときもあるが、またどうでもいいことが浮かんで来て、堂々巡り、仕方なく起きてしまうこともある。しかしこう寒い日が続くと、トイレに行くのもおっくうになる。まどろんで色々と巡らしていて時は、脳が無意識に働いているのだけれども、人間という動物は、その情景や内容を覚えていないことである。眠っているときに見る夢も同じで、夢で見たことを覚えているときもあるが、起きるとほとんど忘れている。ところで、まどろむは漢字で、「微睡む」と書く。
2018. 3.31 護憲か、改憲か

4196
何も国を二分して議論するような問題ではないし、護憲というのがオカシイ、憲法を聖域に置くのはどうかと思う。天皇制打倒を唱え現行憲法に反対した共産党が、なぜ「護憲」なのか!立憲民主党の枝野代表は改憲OKの立場であったが、今や護憲勢力に呑み込まれている。自民党が「改憲」であるから、野党は「護憲」の旗を掲げているのであって、国や国民のことを考えての「護憲」ではない。立法府の立場でもない。反自民だから、である。憲法学者が違憲か改憲か云々の話は学問的解釈であって、政治的判断ではない。立憲民主党は、共産党との距離をもっと開けるといいし、いずれ維新の橋下 徹氏が国政にデビューする時を見据えて、「護憲」という看板は下ろしておくのも手である。辻元女史に掻き回されないことだ。
2018. 3.30 人権とリベラル

4195
身体障害者に焦点をあててTV番組をやっている時がある。正直な話、暗く陰気な雰囲気である。高齢者の方々の取材においても、目や耳の知的障害者を取材し、介護士や社会保障行政の隙間をついている。健常者と同じようにスポーツをする姿は、痛々しいこの上ないことです。リベラルと言って身障者の理解を推進することは、非常に違和感がある。地域行政によって温度差があり、全国一斉に推進出来るものではない。人口の密集する都会と過疎の田舎では、地域ごとに視点が違うし、あらゆるサービスが異なって当たり前である。弱者の味方をして「人権、人権」と叫んでいる方々は、健常者を差別しているし、本当にどういう信念をお持ちなって活動をしているのであろうか、リベラル病に罹っているのではないか?
2018. 3.29 老いること(3)−マスカラ−

4194
15年くらい前から、眉毛が白くなってきて外出のたびに眉毛にマスカラを塗って整えるようにしていた。髪の毛も同じように白くなればいいものを、眉だけが白く、しかも眉毛が長くボリュームがあるので、余計に初老がアピールされる。先日、土曜日なので朝から何もせずに、夕方から町内の寄り合いに出席した。「エライ白なってるからビックリした・・」「髪の毛は染めてはんのん?」と言われ、やはり眉が白いと、目立つんや、と思った次第。黒い眉と白い眉では、年齢が7、8歳は違ってくると思う。顔だちが柔和に見えるとは思うが、その分弱々しく映る。好々爺は、まだまだ早い??
2018. 3.28 無理

4193
この世の中、無理をしている人が多い。財力で相手をねじ伏せ、マイホームを建て、徹夜をして仕上げたり、お客さんが来られるので大掃除をしたり、孫の大好物のお菓子を作り、無理して彼女にエエかっこをしたり、あちこちで無理が見える。なんで無理をするのかなあ、と思う。無理はアカンけど、無茶はまだ許せる、と教えられた。若いときにこそ、無茶をしといたほうがエエで〜と。なんでか、無理は道理でない、「物事の正しい筋が通っていない。人として行う道から外れている。」からだと思う。無理ばかりを言うお隣の国は、やはり道理に乏しい。しかし、無理を承知で頼みに来られ、拝み倒されても、毅然として断わる勇気を持ちたいものだ。
2018. 3.27 歪な保障

4192
労働者として来日し、日本に住み付いた外国人が、何らかの事情で働けなくなって、日本の役所が生活保障を外人に与えてしまっている現状。これはオカシイ。日本人のために使われる保障ならいいが、外国人のために使われている。感謝されるどころか、旨い汁をチューチューと吸われている。さらに精神病や何らかの病気であると判断されれば、入院患者となって永く滞在、生活費、医療費はずべて税金から払われる。これはオカシイでしょう。医療機関には、それなりに補填されるが、制度そのもの、お金の流れが根本的に間違っているのではないかと思う。どの行政が絡んでいるのかは、知りませんが、厚労省や日本医師会はどう思っているのでしょうか?
2018. 3.26 フェイクニュース

4191
安倍政権を倒すために、ガセネタであろうが、ウソであろうが、結び合せてシナリオを作り上げる。不服の官僚を捉まえては、演技をしてもらい、安倍個人への攻撃の手を緩めずに、罠やトラップを仕掛ける。もっともらしい写真と共に、デッチ上げるのだ。森友に百万円寄付という話も、昭恵夫人が断わった講演料を、そのままスライドして百万円を寄付したことにした話で、森友事件、加計事件は、朝日が仕組んだフェイクニュースである。従来からメディア社会では、朝日が主導する流れで、朝日が取り上げれば、どこの新聞も右に倣えだ。マスコミ界は、いい加減、目を醒ましたらどうかと思う。ガセネタを活字にして報道することは、あってはならないことだ。朝日を反面教師にしていた購読者もサジを投げた。
2017. 3.25 医療への不信?

4190
まるで患者はベルトコンベアーに乗っているごとく、パターン化された治療を受ける。そこから外れる患者には、そのコンベアーに乗れるように、治療を施している。元気で歩ける患者は要らない。寝たきりで、おしめを付けさせ、トイレ介助は不要、点滴で栄養補給、睡眠導入剤で、意識を朦朧とさせる。快気回復させる治療はしないのだ。薬の投与は盛り沢山、患者の血液は科学成分で濁ったまま、臓器や血管はボロボロである。最近、病院の現場の話をよく聞こえてくるようになった。
2018. 3.24 正しさが先行

4189
「正しいこと」に縛られると現場はうまく進まないことがある。談合がそうである。表向きは公開入札の形をとっているが、実態は水面下で話がまとまっている。お客さまの要望に応え、高い技術かつ安全な商品を期日までに納入することが一番のコンプライアンスであるのに、入札が不正だとか、就業時間がブラックだとかは、大きな流れを見ずに、細かい「正しさ」に縛られてしまっている。不祥事だ、不祥事だと騒いでいるが、ルールが雁字搦めかも知れない。「正しさ」「べき論」がクローズアップされ、意味あるものだけに囲まれて生活をしていると、意味のないものが許せなくなくなってくるものだ。医者には時間外の観念がないが、手術の途中で時間が来ましたから帰る、とは出来ません。
2018. 3.23 談合 その2

4188
大きなプロジェクトの話があって、1年も半年も前から営業レベル、技術レベルで打ち合わせをしていて、半年以上も張りついていて、イザ入札でひっくり返されては、どうしようもない。何度も打ち合わせや仮見積をしながら、事前に図面やら技術資料を提出しておれば、身も蓋もない。建て売り住宅やビル建設には、当然のことながら「談合」というシステムは必ず要る。公開入札で、出来合いレースを演じて受注は決定するが、工期が長いために、現場によっては随意発注にぶら下がる業者やメーカーも現れてくる。いずれにせよ、建設に絡む仕事は、入札があったとしても、「談合」をして効率よく受注をする仕組みは必要である。
2018. 3.22 ものごとの本質はどこへ行った?

4187
先進国G7の国は、すべて保守の顔をしながら、グローバリズムを進めている政治をしている。安倍首相は、右翼と騒がれているが、右とは思われないし、少し右のほうが国民は安心する。またイギリスやアメリカは、やはりナショナリズムを散らつかせながら、相変わらず他国におせっかいをしている。ユーロ離脱やメキシコ国境に塀を築くと、思いっきり右に振ると言いながら、経済面ではグローバリーゼーションを進めていく。日本の国会論議にしても、安保法制反対と騒ぎ、デモ行進や集会をシたけれども、法案が通過すれば静かなものだ。あの騒ぎは単なるパフォーマンスですか?国会も有権者も本質を見失っているのではありませんか?
2018. 3.21 賢者は歴史に学ぶ?春分の日

4186
昨年の夏まえから始まった歴史読本、戦後史、昭和史、明治大正史を読むにつれ、ここ150年ほどの時の流れが、掴めたように思う。同じ時代を並行して読むとその時代が良く見えてくる。『賢者は歴史に学ぶ』というビスマルクの言葉の真意は何であったのであろうか?『歴史は繰り返す』古代ローマのクルティウス・ルフスの言葉があるが、両名ともに「いつの時代も人間の本質に変わりない」ということでしょうか?
2018. 3.20 保育園のラッシュ

4185
僅か1万人少々の地域に、この4月から保育園が3つできる。待機児童は大勢いるとのこと、子供を持つ親御さんはOKでしょうが、保育士さんの確保は十分なのでしょうか?保育園をどんどん建て、保育料を無償にして、世のお母さん方に働いてもらう、というのが行政の魂胆であろうと想像しますが、保育園が建つ、数年経って、待機児童が解消され、保育園児も少なくなって、経営が出来なくなる可能性も大きい。今、市の行政には、都市計画そのものがなく、マンション建設には何も規制をかけていない。小中学校によっては、狭隘する学校、廃校寸前の学校など、大阪市の行政がチグハグになっている。議員さんか、ゼネコンか、どこかで利害が絡んでいるのかも知れません。
2018. 3.19 旅の番組

4184
私は旅の番組が好きなように思う。「ふれあい街あるき」は、見ていて害がなく、ナレーションがその都度替わり聞いていてサラッとしている。火野正平さんの「こころ旅」、六角精児さんの「呑み鉄」は既にブログで紹介した。火野さんからは元気をもらうことができるし、虫や花など走り回った頃を思い出させてくれる。「呑み鉄」は酒蔵巡りと旧国鉄にスポットを当て、気だるい六角さんのBGMがイイ、関口知宏の鉄道旅の印象とよく似ている。ローカル線10箇所の名所「聞きこみ発見旅」は面白い、他に鶴瓶や三田村のは個性が豊かで、また太川蛭子の路線バス旅は、あまり佇まいは伝わってこない。
2018. 3.18 Happy Wife,Happy Life

4183
家内と私は同じ小学校を一緒に卒業した。それから55年、家内が元気であれば、私も元気だし、家内が苛々しておれば、こちらも苛々してくる。楽しそうな家内をみていると、こちらまで楽しくなってくるが、沈んでおれば、何かあったのかと堂々巡りをしてしまう。経験上「ワーッ」と騒いで発散!という芸は難しくてできない。知り合って60年になるが、いまだに何が好みかどうか判らないし、何をすれば喜んでくれるかも全然見えない。互いにモノの考え方が微妙に変化しているのでしょうね〜。No Wife,No Life.ちょうど55年前の今日、母校の小学校の卒業式があった。
2018. 3.17 韓国は左傾になって、北と併合

4182
大韓民国は、西側諸国に属しているが、大手の財閥はすべて外資が蝕むグローバル企業で、きわめて優秀な学生しか就職が出来ずに、普通の人から見れば、非常なる反発がある。受験戦争が激化するのもそのためである。世論調査では、国家社会主義を支持している若い人が多いそうです。牽引する企業がグローバル一辺倒で、韓国の資本が流出したり、優秀な人材が手なずけられている現状である。この平昌五輪が契機となって、プライドが高い朝鮮民族に火が点いて、ナショナリズムが台頭してきている。同じ民族と民族が、という話の中には、アメリカも中国、まして日本も間には入いることはできない。
2018. 3.16 十割そば ”喜らく”

4181
谷町9丁目の交差点から南へ少し、パインアメ本舗の向い。蕎麦はやはりつけ麺がイイ、のどごしもイイ、温かい蕎麦は、ゆで加減が難しく、自宅で食べるとあまり美味しいとは思えない。うどんは、冷やしうどんよりも、温かいほうが向いている。
2018. 3.15 −日本人のための− 第一次世界大戦史 

4180
なんばの地下街の本屋さんで、これは面白そうだ、と手に取り買ったものだ。日本では大正時代だけに絞った本が少ないように感ずる。特に昨年の暮からは西郷どんの関連が多い。第一次世界大戦は大正3(1914)年から7年(1918)、その前と後で、日本の世情がゴロッと変貌している。我が国にとっては、明治維新以来の2回目のグローバリズム到来である。地中海まで駆逐艦隊を送り独のUボートと戦い、415名の戦死者を出した。我々にとって余りにも注目されていない戦争であるが、WWTと言われるだけあって、潮流に変化があったことは否めない。
2018. 3.14 とっておきのお茶と共に、

4179
トキメキを覚えながら化粧箱に入っているお菓子を出した。金覆輪?輪の字が旧字体?裏ごしした餡でしょうか?センターに金箔が乗ってある。家内が包み紙の材料を見て、『手芒豆、卵黄や栗の実など新鮮な素材に・・・、真ん中には特別大粒の柔らかな栗を十勝小豆で包み・・・』とか言っている。端を三日月に切って一口、舌ざわりは滑らか、甘さは上品・・・エエ感じの和菓子だ。ネットで売っている所を探すが、本店と山本店のみ。阪急宝塚線で買いに行くしか手はない。箱入りは1個594円。お値打ちの一品だと思います。
2018. 3.13 大阪大空襲

4178
かつて昭和20年、アメリカ軍は大阪平野を火の海にして焦土と化してしまった。お手玉と枕を持って逃げた。大阪市の』小学校は明日が卒業式、疎開をしていた学童は、親元に帰って来ていた。その夜、南から始まった空襲、爆撃機B29は大阪市内の中心部に焼夷弾が花火のように落された。祖父は、西長堀川に飛び込み難を逃れ、ある人は白髪橋の電柱にしがみついていたと恐怖のるつぼに居た。
2018. 3.12 相撲の屋形

4177
大相撲の土俵の上に、屋根がある。満員御礼のたれ幕のところの吊り屋根であるが、外宮と同じ恰好をしている。どうして伊勢神宮や出雲大社の神殿と同じ神明造りを設けることができたのでしょうか?天照大神の鰹木(横たわる円筒形)は10本あるが、大相撲のそれは5本、その下の土俵で相撲をする力士には、やはりそれなりの歴史の重みを噛み締めて取り組んでいただきたいと思う。相撲協会の組織が疲弊していることは否めないが、もう少しスッキリとしたものに改めていただきたいと願う。大阪場所の優勝力士云々よりも、空席の立行司の就任は誰か、采配を見極めたい。
2018. 3.11 義務教育を修了して

4176
高校に入学して初めての授業で、古文の増田先生がクラス全員の皆に訊ねた。50半ばの年配で丸いメガネをかけている先生であった。「皆さんは義務教育を修了した。高校に進学してきた理由を言ってください」と、出席簿順に答えていった。私は6番目であった。一人前の上野が「社会に出るための教養を習得するため」と真面な模範解答をしたが、私は「それもあるけれども、父母や家族の期待もあるし、世間体が一番大きいように思う。良き友人との出会いも魅力である。」と答えた。実際にどうであったか、と言えば、確かに高校時代は、多くのクラスメイトに出会い、恩師や先輩に教わったが、やることが種々様々多くて、何ごとにも興味津々であった。高度成長の時で、世間も活気があった。
2018. 3.10 平和を知らない子供たち

4175
生れて気がついた時には、世の中は戦火、逃げ回る日々で、住むところもなし、食べるものもなし、そんな生活から始まった人、また気がついた時は戦時一色で、戦争貢献しかなく自分の選択は許されない。だから生き延びること、戦いに勝つことが国家目標で、それだけを考えてひたすら生きておれば良かった。ところが、平和な時が訪れると、いったいどうして生きて行けばいいのか判らない、自分で決めろと言われても戸惑ってしまう。私は戦争を知らない子供たち世代であるが、「平和を知らない子供たち」も居るはずだ。1箇所に落ち着いて暮らすのが、どうも性に合わない。ややもすると食い意地が張っている。イスラム難民をはじめ、地球上には、今もそんな人間が大勢形成されていることは否めない。
2018. 3. 9Face To Face

4174
インターネットで繋がってITで制御する時代がやってきて、第4次産業の世界が到来すると言われていますが、人間社会がそこまで許容することができるでしょうか?人間の能力や生活は、便利な世の中になっても、進化はしておらず一日24時間、そのうち半分はプライベートの時間で睡眠も含んでいる。後の半分は、オフィシャル、仕事の時間で、通勤やお付き合いも含んでいる。その生活パターンが変わらないのに、インターネット環境だけがどんどん進化しても、到底受け入れられる訳がない。やはり、人間社会は、Face To Face が基本、ネットよりも紙、紙媒体よりも口込みが一番効くと言われる。触れ合いと寄り添いを忘れては、人間社会ではない。
2018. 3. 8 マシュマロ

4173
「ありがとうマシュマロ」という可愛いマシュマロ菓子を内祝のお礼でいただいた。数がたくさんあって、ニコニコマークとありがとうメッセージが入っていた。世の中には色々と趣向を凝らして、商品がでてくるなぁと感心した次第。嵩が低いものでは、和三盆の砂糖菓子をするが、健康上甘いものを控えている方には不向きである。このマシュマロも甘いが、手頃でイイように思う。
2018. 3. 7 I’m sorry.

4172
日本語に訳すと「ごめん」「すみません」である。自分の非を認める言葉で、敗北であり臆病者を認め、恥じるべきことである。だから、私たち日本人は「ごめん」「すみません」という言葉を使う時は、考えたほうがイイ。というのはインバウンド効果で、外国人観光客をよく見かけるようになった。質の悪い奴も来るかも知れない。「最初に『ごめん』と言って謝ったではないか!」と突っ込まれるかも知れないし、誤解が生じこじれてしまう場合もある。「日本の風習ではこうだ」という理解を期待することはできない。他所を訪問した時、私たち日本人は「ごめんください」と言うし、ウエイトレスやフロントでも「すみません」と声を掛ける。任侠の世界でも、映画しか知らないが「ごめんなすって」である・・・。
2018. 3. 6 大阪組合の創立80周年大会

4171
大阪管工機材商業協同組合の創立80周年の記念行事がリーガロイヤルホテルで開催された。第一部式典では、理事長あいさつ、来賓の皆さんからご祝辞をいただき、感謝状贈呈が行なわれた。引き続き、第二部祝賀会では、○○の出し物、○○氏の〆でお開きとなった。
2018. 3. 5 すべては選挙のため・・・

4170
日本では民主主義の世界で、選挙で当選をして信任を得なければ、首長としてまた議員として活動はできない。落選すればタダの人で、素晴らしい志を持っていようと、的を得た施策、斬新なアイデアを理解していても、前へ進めて生かされることはない。極端な話、嘘八百を並べ立てても、当選し自らの所属する党の議席を伸ばさねばならないのだ。いい例が「少なくとも県外」と嘘を言った鳩山由紀夫である。政権を奪取して、首相に就任後は県外移設を努力することなく断念した。県内世論は混乱、当時の仲井眞知事も辺野古を止めて県外移設を唱えて当選した。そして14年、世論動向に乗って当選したのが、翁長知事である。反対のふりをしながら問題は先送りし、譲歩する。その沖縄では、南城市、名護市のあと、首長選が目白押しだが、打算と欺瞞の首長には託されない。
2018. 3. 4 我が家のすき焼き

4169
我が家のすき焼きは関西風、割り下ではなく、砂糖と醤油で味を付ける。油をひき、牛肉を敷き詰め砂糖をまぶす、日本酒を入れて、醤油を差す。肉に甘辛が絡んだら、野菜と糸コンと入れ、野菜から出る水分を静かに待つ。水分を確かめたらじゃが芋、豆腐、麩を入れる。野菜と砂糖醤油を補いながら、各々の食材の存在感を整える。そうこうするうちに、麩をひとつ食べ、味を見て「よし!」。野菜は白菜、白葱、玉葱。キノコがあれば尚OK、我が家の特徴は、じゃが芋である。肉じゃがと同じような感覚で、気がついた時から入っていた。
2018. 3. 3 中国を見習え!

4168
国家百年の計、建国50年(1999)でオリンピックを開催して先進国の仲間入り、建国100年(2049)で世界の覇者となる。これが中国の遠大な国家目標である。85年訪中した時、中国の李建国という要人の話を聞いた。それがほぼ計画どおりに推移しているのは、世界の脅威である。世界の常識(=決してそれが最良ではない)が、中国の常識に取って替わるのには、時間がかかりそうだし、壁にぶつかってしまうかも知れない。お隣の大韓民国のように日和見主義ではダメだし、日本はやはりニッポンで在るべきだし、もう一度、明治時代を迎えたように、国のあり方を考えねばならない。幸い日本は、個人主義の国ではないので、国のリーダーシップをうまくやれば舵取りはできるはずだ。
2018. 3. 2 どらやき

4167
東京の三大どらやきのひとつ「黒松」をもらった。北区東十条にある草月謹製、宮内庁御用達のお菓子で、2時間15分並んで買ったとそうだ。ひとつ100円、普通のどらやきに比べて安い。関西では、奈良の三笠山に因んで、「みかさ」と言うが、この黒松は、少々カステラがフワフワで軟らかくキメが粗いように思う。餡は、つぶあんで黒砂糖の風味、昔ながらのどらやきでしょうか?元々のどらやきを知らないので、美味しさの判断はできない。どうしても「みかさ」と比べてしまうのは、仕方あるまい。それにしても、寒い時期の2時間は堪えるでしょう。
2018. 3. 1 歴史の奇跡

4166
西欧諸国は戦いを繰り返して進歩していった国々である。15世紀から18世紀にかけて、250年に亘り泰平であった江戸時代は、まさしく奇跡である。江戸を中心とした文化と上方の京と大坂の文化がうまくバランスをとって、独自の文化を育んでいた。これは古来から国境という意識があってないものであり、外圧もたいした内乱もなく、平穏に過ごすことができたからである。多くの文明国は、他国への侵攻と略奪をくり返し、敵国の王は抹殺され、異文明であればそれらの造形物を壊した。マルコポーロは、中国で聞いた噂話を東方見聞録で、黄金の国ジパングと伝えたが、かなり誇張された内容であった。
2018. 2.28 コロッケ

4165
このコロッケは旨いと思ったのは、西宮の山垣畜産のコロッケである。揚げる前の冷凍したコロッケで、玉葱の甘さが生地に染み込んでいて、美味しいのである。かつてゴルフ帰りには必ず山垣に寄って30コ、40コとお土産にしたものだ。何せ子供たちが育ち盛りで無茶苦茶食べた時代であった。揚げたてのコロッケを買って来てビールのつまみにすることもあるが、私にとって、このコロッケの味がベースになっている。ところで山垣コロッケ、今は少し小さくなっているが味はそのままである。
2018. 2.27 レーコー

4164
「レーコー」という言い方は、大阪だけのもの、と思う。近頃では聞かないし言わない。学生の時、大阪の友人が東京に遊びに来た。その時、喫茶店で「レーコー」と言って注文したが通じない。「コーラですか?」と聞き返された。アイス珈琲と言い直したが、「あかんな、東京は!」と友人は嘆いていた。実際に大阪は、洒落ッ気が高く、はやり言葉を作るのが、上手である。今でも、レモンスカッシュは「レスカ」って言うのかな?文化や芸術においては、上方のほうが江戸よりも高かったし、今でも京都奈良は、日本文化の拠点となっている。東京が一人勝ちしていて、東京周辺に一点集中していることは、国家形成上は望ましくなく、経済拠点をいくつか作らねばならない。もし関東大震災のような自然災害があれば、日本は沈没する。
2018. 2.26 トルコ行進曲

4163
子供の頃から親しんだ曲にトルコ行進曲がある。モーツアルトとベートーベンの曲があって、モーツアルトのほうは、ピアノソナタ第11番イ長調K331番の第3楽章がトルコ行進曲と呼ばれていて、ベートーベンのそれとは全然ちがう。オスマン帝国の軍楽隊の行進曲がトルコマーチであった。ラッパと太鼓の多用が挙げられるトルコマーチの特徴は、かつて「阿修羅のごとく」向田邦子原作のTVドラマ主題曲(メヘテルハーネ「ジェッディン・デデン」) は、一番近いものではなかろうか。当時、オーストリアは隣国オスマントルコには一目を置いていて、天才モーツアルトもベートーベンもトルコ軍へ建国100年の祝意を示したということだ。
2018. 2.25 アレルギー食品

4162
好き嫌いの問題ではなく、体質に合わない食品は存在する。身体がその異質なモノを識別して排除するのだ。時間が経てば慣れるとか、何回も食べ続ければ受付けるという代物ではなく、そのモノを拒絶し、発作や失神という症状が現われる。投薬でどうのこうの、どうすることも出来ない。身体にとっては天敵である。人対人の場合は、ある程度互いに歩み寄れば、糸口は見つかりそうな気がするが、中には受け入れられないという相手も存在するのではないかと思うようになった。自然体の状態で異常反応をしてしまうことがある。やはり年齢と共に気が短くなったのか、アレルギー反応が出てきているのであろうか?さて市中の食品には、防腐剤や添加物が施されているが、それらは人様にとって、アレルギー予備軍とはなっていないのだろうか?
2018. 2.24 伊藤博文 −明治大正史より−

4161
現代は男の風格が落ちて来て、女性のほうが注目されることが多い。勘違いをしている男性も多く、世の中が大らかではなく細かく薄っぺらくなっている。余りにも小さくなりすぎて目の前のことは判るが、大きな流れが見えなくなっているのではないか?さて千円札にもなった伊藤博文は、女性関係には大らかで派手であったが、噂をたてられ、新聞でゴシップ記事をにぎわせただけで、本人は何も動じなかったようです。周りが騒ごうが、毅然たる振る舞いで、政治に関しては筋を通し、やることはやる人であった。だから明治天皇の信頼を得ていたのであって、また世間も許していた時代であった。
2018. 2.23 ささいなこと

4160
お風呂の温度、冬は42℃が適温とされる。カエルの温度計で測ったりしている。若い時よりも少し熱いめになってきた。お風呂を浴びてからすぐに就寝できればイイが、何かを思い出して風呂上がりでウロウロすることは、風邪をひく原因となる。また掛け毛布を敷き毛布にして、フワフワにして寝るほうが暖かい時もある。前は少し重たい目の布団も苦にならなかったが、最近は羽根ふとんのように軽いほうがイイと感ずるようになった。しかし軽いのはやはり頼りなく、布団の前後、右や左に動きが大きいので、結局、重いほうの布団に戻してしまった。家内のほうが風呂の温度は高いという認識はあるが、最近はどうだろうか?
2018. 2.22Japan IT Week 関西

4159
インテックス大阪の6号館で、AI業務自動化、クラウドコンピューティングEXPO、IoT/M2M、関西モバイル活用展が開催された。
2018. 2.21 大学4年間

4158
安田講堂が全学連に占拠、東大の入学試験が中止となって、アポロ11号の月面着陸、大阪万国博が千里丘陵で開催、よど号をハイジャックし、三島由紀夫が割腹自殺、連合赤軍の浅間山荘事件、沖縄本土復帰、日本列島改造、田中首相訪中、日中国交回復、パンダが上野動物園、オイルショック・・。連合赤軍から学生運動が全く下火になりゲバ棒を振り回す連中がいなくなりました。それ以降、所謂"ベビーブーム世代"が社会を押し上げていくわけですが、団塊世代が50半ばを過ぎた辺りから、牽引しようとも次世代がいない、生存競争をしないで育ってきた世代はハングリーな気概は感じられない。
2018. 2.20 談合

4157
大手ゼネコンに、談合が当たり前の業界というのがまだ残っていると、マスコミ各社は、その暴きに必死になっているが、あまり騒がないことだ。そのうち態を潜めることになると思う。これは決して良いことではないが、必要悪のシステムであろうと思う。設計する会社に聞けば教えてくれないでしょうが、知っているはずだ。5社以上入札に参加することが決められていたり、施主からの希望価格と落札業者の提示価格が、あまり違わない金額で決まるのが、オカシイと思うのが普通で、素人の施主が積算しての希望価格をどこから入手したか、というのも疑問である。先日、入札に立合う機会を得たが、3社が辞退、価格提示した業者は2社、よく似た金額で、希望価格より少しだげ下回った業者に落札、実にうまく仕組まれたシステムだな、と頷いた次第。
2018. 2.19 本せきぐち

4156
大阪のすき焼き、ラードを引いてザラ目の砂糖をパラパラと鍋にふって、上等の牛肉をジュンジュン、醤油だしをサラッと掛け、白菜、糸こん、焼き豆腐、春菊、椎茸、一回目の鍋、その次はお肉、白菜、葱、えのき茸。取り皿は玉子、山芋を溶いた出汁の二種類、純関西風すきやき専門店、最高級黒毛和牛、特製ザラメ砂糖、京都から取り寄せるこだわりのしょうゆ、伝統の純関西風、創業以来140年の伝統の味。お肉屋さんだけあって、肉は旨い。一人前8千円で、仲居さんが焼いてくれる。飲み物を入れると1万円は超える。
2018. 2.18 松本清張サスペンス

4155
清張の小説は、社会背景の描写、人間というものがしっかり書かれていて、動機がごく自然な形で表現されている。だから没後25年経っても、現代風にリメイクされてテレビドラマで放送される。小倉城にある松本清張記念館には、出張の際時間があればよく訪れた。他の推理小説作家では、ワザとらしいトリックや不必要な殺人が多く見られ、現実味に欠ける。
2018. 2.17 人の身体から出るモノ

4154
人間とは面白い動物である。口に入れるものは、ありがたいと思い、衛生上きれいなモノ、美味しいものを好むのは万国共通である。ところが、身から出るモノは、息を吐けば二酸化炭素、垢やフケ、糞は糞でも、目糞、鼻糞、耳糞、ゲップ、咳きくしゃみ、痰、膿、そして屁、となんとも汚い臭いモノばかりを排出している。身体を通過して浄化するものが一つでもあればイイが、それはないだろう?人間が生存することで、他の生物のためになっているのは何なのか?糞尿はかつて「田舎の香水」と言われて有機肥料にはなっているだろうが、土葬された屍は、土に還って小さな虫や微生物の餌になっているくらいか!他に何かあるだろうか?
2018. 2.16 そば屋

4153
八尾のプリズムホールでコンサートに行くが、昼前であったので、駅から歩いて5、6分、「山がや」の蕎麦を食べにいった。待つこと30分、名前を呼ばれて中へ、完璧な昭和レトロのオシャレなお店、妙に落ち着くのが腹立たしい。定食は、信貴・生駒・金剛と名前が付いていて蕎麦の量が違う、家内はれんこん釜めし定食(信貴)の温そば、私はかき揚げ定食(生駒)ざるそばを注文。ここの蕎麦は、外一(=そといち)そばと言って(そば粉10、つなぎ粉1)の割合で栃木産のそば粉、出汁は羅臼昆布、美味しく満腹になった。そば湯もいただいた。
2018. 2.15 母国語

4152
小学校3年から英語科の教育が始まる。結論から言って、あまり英語、英語にシフトしないほうがイイ。日本語もろくにしゃべることが出来ない子供を捉まえて、英語を刷り込むと、物事を日本語で考えない子供が出来あがるからだ。誰でも彼でも、人間は育った母国語を持っている。私の場合は、日本語であり大阪弁である。シンキング・タイムは必ず母国語で、そこへ他国の言語が入ってくると、頭の中はややこしくて、特に概念や想念のように、感情や状況の度合を表わす言葉は日本語でないと、しっくりいかない。幸い日本には言葉があり文字がある。漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字とすべて混在して日本語が出来あがっている。この特異性は、英語に侵略されてはなるまい。
2018. 2.14 防水窓

4151
阿波座の交差点に大阪市交通局の阿波座事務所がある。その窓は防水壁が備えてある(写真左)。西区は海抜0mのところが多く、幾度も高潮水害に襲われたことがある。その安全対策での防水壁だと思うが、このビルの中には何があるのだろうか、大切な機械が設置されているとか・・・。昭和36年(1961)には第二室戸台風によって床上床下浸水した。(写真右はあみだ池筋が浸水した様子)
2018. 2.13 冬季オリンピック

4150
韓国の平昌で冬季五輪が開催されている。 昨年、文在寅氏が北朝鮮に共同開催を打診したが北は無視、南北関係は冷えていた。ところが昨月、南北のパイプが再開、その思惑が不気味、文大統領は有頂天?金正恩氏の魂胆は何なのか?ロシア選手はドーピング騒ぎで個人参加はOKで、ロシアの旗の下では参加できない。種目が多種多様すぎて、主催者はたいへんだ。開催中は米韓軍事訓練はしないことになったが、テロ警戒は完璧にせねばならない。変な心情が絡むと引鉄となるやも知れない。それにしても文在寅氏が北よりに動けば、中ロ朝韓がまとまり、新しい冷戦時代に突入するかも知れない。
2018. 2.12 ”筋”の文化

4149
大阪の文化には、古くから培われてきたものがあって、チラシ広告の地図を見れば、これは東京の業者?だと解るモノがある。北を示すNがないのも特徴である。大阪は東西南北が判る地形で、碁盤の目のように、町づくりをされている。古くから東西の道を通り、南北を"筋"と呼んだ謂れがあり、北は必ず上、つまり御堂筋や堺筋、心斎橋筋、天神橋筋は南北で、縦に記す。大阪人は"筋"と称する幹線は、横には書かない。また大阪府の公安が、交差点の信号に掲げる交差点名称は、全く地域に根ざしておらず、馴染みがない名前がある。近くの交差点に[新町中] とあるが住所表示には新町中という地名はない。ズレている。
2018. 2.11 紀元節の復活建国記念日

4148
昭和41年に建国記念の日を作ろうと、喧々諤々この日に決まるまでは、4月28日、5月3日、8月15日と様々な意見があったそうだ。結局は神武天皇の紀元節、神話の復活かと、大論争だったそうです。祝日をいつにするかというレベルで論争するというのも、どうかと思いますが、国民的議論なんて責任回避をしていることと同じで、レベルを上げ「国家百年の計」で与野党の議員さんが、大論争をしていただきたい。今の議員さんが薄っぺらいのは、余りにも周りを気にし過ぎる、すぐに民意に問いと言い訳け、言い逃れをする。ご自分がまとめ役をしているだけだ。だからアンケート結果、国民投票と言い、自らの思いを表明せずに逃げている。自らの強烈な国への思いはないのか。
2018. 2.10 国民の象徴

4147
国歌よりもアメリカ人が好んでいる行進曲は、バグレー作曲の"National Elblem March(国民の象徴)" である。実際に聞けば、一度は聞いたことがあるはずだ。非常に力強く、勇ましい、揺るぎない大地を感ずる曲である。同様に行進曲と言えばスーザは有名で、"Stars and Stripes(星条旗は永遠なれ)"は共に20世紀の初めには作曲されていたから、そんなに古くはない。ところで、私たちにとって、「国民の象徴」と言えば天皇陛下である。マッカーサー憲法は、元首ではなく、うまく象徴という文言を当てはめたものだ。しかし、私にとっては、元首はやはり天皇である。政治には関与しないとあって、それはそれでイイが、元首たる伝統、威厳は天皇陛下で、一部の政治団体を除いて、国民のすべてが納得することだと思う。
2018. 2. 9 案の定、自社ブランド・・・

4146
ネット通販のAmazonが、自社のネット販売網を通じて、Amazonブランドを発売し出した。いずれそうするだろうことは想定していたが、案の定であった。自社ブランド以外の商品について「排除」するかどうかであるが、もし「排除」するならば独禁法に触れるのではと懸念する。より幅広いアイテムを揃える姿勢が魅力であるし、地球規模のポータルサイトとしては必要ではないのでしょうか?書籍やCD、電化製品などはいいにしても、これから、Amazonでの注文する際は、よーく注意して偏っているかどうかを見極めることが寛容であろうと思う。まぁ個人の趣向情報を教えずに、距離を保ってお付き合いすればイイと思う。
2018. 2. 8 おでん

4145
久しぶりに自分好みのおでんを食べた。所謂これが"関東煮"といわれる、濃いー色がついている、大阪弁で、しゅんでいるのだ。おでん定食のおでんには、大きめの豆腐が真ん中に載っていて、びっくりしたのは、蓮根がネタにあることだ。玉子が黄身のところまで、しゅんでいる。ここは小倉の魚町にある「お多幸」、創業昭和43年、大阪万博の2年前だから、日本経済すべてが右肩上がり、庶民の生活も年々良くなって、所得が毎年上昇していた時代、おそらくここ北九州は、新日鉄、住金が牽引して、活気を呈していた時だったでしょう。一度、夜に来てエビスと共に所望したい。
2018. 2. 7 自動注文システム

4144
西名阪の香芝SAのレストラン、食券を買うとそのまま厨房へ注文が通るシステムになっている。1人での利用者にとっては便利で、食券をカウンターへ持って行くことなく、席を確保して待っておればいい。また売るほうもカウンター受付で、○○一丁、○○一丁と大きな声を張り上げることもない。出来あがれば受注番号をマイクで呼び出せばいい。双方にメリットがある。対面販売ではないので、うどんを蕎麦にしてくださいなど、途中で気が変ることはできない。まぁ作るほうもお客さんも慣れでしょうね〜。
2018. 2. 6 住民パワー

4143
10年前に抽水所ができることに反対運動をしていた人たちは、地元の皆さんを呼んで集会を開いたり、署名運動をし行政へ陳情をしたりしていたが、ここ3、4年は、静かなもので、一切声が上がってこない。10年前は、市の施策に反対、反対と横断幕を掲げていたが、今は降ろしている。民だけでは萎えてしまうのだろう。後ろ楯がなくお金もない、まして組織がない、やり続けることが社会環境に影響し、このマンションは柄が良くないというレッテルが貼られてしまう。却ってこの地域の民度が落ちて評判が下がるハメに陥る。「こんなウルサイとこ、止めとこ〜」となって、マンション価格が下がる。風評ということを学んだがゆえの結果かも知れませんね〜。
2018. 2. 5 人間一人では・・・

4142
人間という動物は一人で生きて行くのは、とても難しいものだ。気候が温暖で草木が繁り穣り多いときは、気分が晴れやかであるし、若く活気がある時には、何でもできると思ってしまう。ところが、夕暮れから夜の帳が降りてくると、気分が滅入ってしまい、寒い冬ともなれば、心細くなる。そこで踏んばって「なにくそ!」気を確かに持つことは、人並みの心の強さ以上の胆力が要る。そこでヘナヘナと「もうアカン!」と言葉に出せば、人生は終わる。中学生の時「もうアカン!というのは死ぬときやで〜」と教わった。確かにそうである。「もうアカン!」という言葉は発するのは、気が萎えるばかりか、周りに与える印象は良くない。「必ずできる」「生きる」「やれる」という言葉には、勇気と力を授かる。
2018. 2. 4 洲崎パラダイスの原作 1955.12講談社

4141
6年前[2012.1.11 #2105]映画の感想を載せましたが、今回は原作:芝木好子を読んでの話。原作を映画の見た後で読むと、義治、蔦枝の名前が出てくると、三橋達也や新玉三千代の顔が浮かび、轟夕起子のおかみさんが営む千草の店の佇まいやパラダイス入口の情景が、脳裏のスクリーンに邪魔をするのは仕方がありません。この芝木女史、第一次世界大戦勃発の年に生れ、オダサクと一つ違い、この作品は、「夫婦善哉」を意識した小説と言われていて、何となく男と女の関係が、柳吉と蝶子を思わんでもありませんが、そこは女性心理描写が真に迫っています。オダサクの方が滑稽さが残っていて、心の余裕を感じます。
2018. 2. 3 おにはーそと、ふくは〜うち

4140
節分の豆まきがやってきた。どうして「鬼は外、福は内」と言うのだろうか。桃太郎伝説は、犬と猿と雉を家来にして、鬼を成敗しに鬼が島へ行き、宝物を持って帰った武勇伝があるが、鬼を狂暴な存在に仕立て上げ、渡来人に対しての偏見の伝説である。さて、この鬼とは誰のことを指すのか?外国人ではなく、実は「隠忍」(おんにん)が鬼の語源で、日本各地、世界各地に居て、隠れて忍ぶという存在がオンニンで、恐ろしい存在ではなく、むしろやさしく慎み深いのが鬼なのです。来年のことを言うと鬼が笑うというのは、仙人のような隱忍=鬼が、人間があれこれ推測したり想像したりしている姿は、愚かに見えたのでしょう?
2018. 2. 2 Mister Kelley's

4139
大阪西梅田にあるライブハウス、我が家の住職の奥さまがシンガーで出演されるので、一般客で聞きに行った。予約していたので、いい席で聞くことが出来た。なんと2枚目のCD出版記念ライブ、徂徠真弓さん。住職のお父様(前住職)は音楽の先生で校長先生まで勤められた、しかもお寺の山号が奏楽山、音楽ファミリーにはピッタシじゃないですか〜。ご主人のお顔も見える。羨ましい限りです。♪First Song / Hymn To Freedom / These Foolish Things /・・・
2018. 2. 1オカシイ!

4138
住民投票を行政側から仕掛けることは、極めてオカシイ。民主主義の極みであると寝言を発した首長もいたが、特に国政の防衛、エネルギーの政策に関しては、民意で判断するのはオカシイ。世論調査が政治を動かすとばかり、"朝毎"は事あるごとにアンケートを実施、民意を煽動するためのデータ集めのようにも見えるが、そんなアンケート結果なんぞは気にしないことだ。時にはフェイクニュースを流しているようにも感ずる。それに惑わされ、騙される国民、その国民の顔色を窺いながらアレコレする政治屋。日本たる国家観をしっかり持つ人物でないと国政は任せられない。中韓朝との距離、靖國神社、東京裁判史観など明解な意思を持つことが大切である。ポピュリズム(大衆迎合主義、人民主義)は民主主義の落とし穴で、極めて危険である。
2018. 1.23 国家の大計

4129
個人の柵(しがらみ)、派閥の柵、党の柵、有権者の柵・・国家の大計には、そんなものはふっ飛んでしまう。余りにも野党の答弁は小さすぎる、まるで週刊誌の取材である。朝日がこじつけたガセネタ、フェイクニュースを国会に持ち込むのはどうかと思う。どうでもイイとは言わないが、もっと大きな話題をしたらどうですか?国家の百年の計画という立場で、ものごとを捉えれば無駄な時間を過ごす余裕はないはずである。自民党の強いところは、まさしくソコなんです。野党は55年体制以降、分裂したりくっついたり、与党に反対のための反対が自分たちの使命、国家のことは何も考えていないという証拠です。拉致問題なんかは、与野党が共産党も含めて全会一致で、まとまるのが当たり前で、難色を示すのは、オカシイ話だ。
2018. 1.30 ユマニチュード

4136
子供は、大人の未熟な姿で、決して子供扱いをしてはダメ、まずは幼い人間として接することが大切である。同じように、身障者であっても、介護認定の人であっても、人間として問いかけ、ゆっくりと判るように接することが、大切である。〜なさい、〜行きます、など命令調ではなく、まずは、真っ正面から顔を見て、手を取るなどして、話しかけることがイイ。お花が咲いてますよ〜、外はポカポカと暖かいですね、○○さん、立って歩いて行きましょうか〜?と相手が安心できるよう、寄り添うことです。
2018. 1.29 弱肉強食

4135
世の中は弱肉強食なのでしょうか?立売堀を拠点とする企業が吸収され、ホールディング会社の傘下に入る会社が、ここ3年ほどで数社、売り先であった、商品を買う方のお客様は、どう感じているのでしょうか?大阪立売堀にある専門商社が総合商社に吸収されてしまい、小回りが効かなくなって、結局はデパートのようになってしまった。融通が効かないし、図面もの所謂製作モノはしなくなり、価格のみの世界に巻き込まれてしまった。競合する会社が無くなれば、結局は自縄自縛に陥る恐れがある。競合する相手を生かしておいたほうが、自らがすべて引き受けなくてもイイし、その時の都合で采配すればイイ。何もかも吸収してホールディング会社の傘下に入れば、つまるところお客様ユーザー様に迷惑がかかる。
2018. 1.28 生態系の崩壊?

4134
四天王寺の亀の池を見に行った。麩を持って遊びに行ったというのが正しい。甲羅に黄色の線、赤い線が付いているのも居て、昔ながらの亀も棲んでいるのか、と心配しないでもない。外来の亀に、古来からの亀がやられているのではないかと気になる。1960年以降に外来種がペットとして日本に上陸、飼わなくなったり手に負えなくなり、近くの池や湖に放して、カメ、カエル、淡水魚が繁殖、日本古来の生態系が壊れている。外来種のほうが獰猛で強く、元来日本のそれは、やられてしまうのだ。人間の世界でも、渡来人に占領されてしまったという歴史があるだけに、動物生態系もエライことに陥っている。
2018. 1.27 歪んでいる現場

4133
治療や介護そのものをパターン化したいのが在りありと見える。聞いた話だが、誤嚥患者の治療や介護をするより、胃ろうを施す。食道が細くなって、このままでは死にますよ、と半ば脅されて、誤嚥の介護や治療はせずに、比較的長期介護の治療の胃ろうを奨める。高年齢でしっかりしている患者(たとえばトイレは自分で処理できる)に、睡眠誘導剤を入れた点滴をして、おむつにしてしまう(ポイントが付加される)とか、看護士が手の掛かることは、一切しないようになっている。患者が人間らしい生活ができるということは無視、人間本位のお世話ではなく、病院側の都合のいいような治療体制になっているのではないか?介護士や看護士は、その方が楽である。病院側とすれば、患者が元気になってウロウロしてもらうと困るのだ、大人しく半人間でベッドに縛っておくのが一番いい状態なのだ。
2018. 1.26 ぼやき人生

4132
かつて上方の漫才には、個性豊かなご夫婦が何組かいた。その一番は、ぼやきの人生幸朗、生恵幸子さんである。「ホンマに出て来はったらどうすんのん」「謝ったらしまいや〜」、最後は「このどろ亀!」「ごめんちゃい」で終わる。今は政治に絡むネタは、放送局が規制しているのでご法度、全く面白くないが、この夫婦漫才は聞いていてスカッとした。爆笑問題の太田光さんが、多少の風刺を入れてしゃべるときがあるようですが、ネタも窮屈になってきました。差別につながる言葉や不適切な表現などウルサイ世の中、もう少し大らかに自由に漫才をしてもらいたい。
2018. 1.25 下から積上げていく?

4131
国と国とのお付き合いにしても、家と家のお付き合いにしても、下から積上げて成る話ではない。相手とお付き合いするかしないかは、トップ同士、当事者同士のことである。政策の話も下から積上げるといったことが代表質問にあったが、どうやって積上げていくのでしょうか?一般住民の声を聞くのはいいとしても、政治に素人の話をそのまま策に取り入れることはできないし、どのように展開し、官公署をどう調整するのかは、普通の人では解らない。国民的議論という言葉も空中に浮いている。どうやって議論をしていくのか、議論、議論ばかりで決まらないのではないか!やるかやらないかは下っ端では判断できない。やはり外交でも営業でも、トップ戦略で進めるのが、最も早く確実である。
2018. 1.24Misson Impossible 4

4130
トム・クルーズの"スパイ大作戦"第1作を観たのは、シンガポールへ行く飛行機の中であった。TVでやっていたのと比べて新鮮な印象を受けたが、先日TVで、第4作目を放送していたのを見て、かなり高度なツールを使っているので、びっくり、制作年は2011〜12年である。スタントマンを起用せずにトム・クルーズ演ずる作品には、手に汗にぎり迫力満点である。ドバイのタワーに昇るところは圧巻である。お互いに格闘し、全力で走るシーンは、早送りをしていると確信する。50歳のトム・クルーズには、あの速さは無理だと思う。
2018. 1.31 食べること

4137
一人暮らしの老人が孤独死をするのと、一命を取り留めて延命治療を続けるのでは、どちらが悲惨でしょうか?助かって良かったという思う反面、本人にとっては、気が付かないままの自然死の方が良かったはず、身体に穴を開けられ管から栄養分を注入されても、食べる喜びを無くされるのは、地獄に等しい。管を抜けば死が待っているとお年寄りに考えさせるのも酷いことだ。まずは、歯で噛み、舌で味と温かさを感じ、歯触りや歯ごたえ、柔らかさや固さを噛んだときの歯ぐきに来る感触と顎の力加減、頭蓋骨への軽やかな振動と脳細胞に心地よい響きを伝える。それと同時に、鼻から入る臭覚、噛んだときの香りが伝わる。喉ごしの潤いとともに満足感を楽しむ。この感触がないのは、惨めであり酷い仕打ちである。

★☆ き.に.な.る.ニュース ☆☆2018. 2▲戻る

★☆ き.に.な.る.ニュース ☆☆2018. 1▲戻る 為替、株などの景気浮揚も気になる年ですが
何よりも東アジアの安全保障が保たれるのか!

☆☆ き.に.な.る.ニュース ☆★2017.12▲戻る 産業関連物資の材料、生活雑貨も価格上昇
しています。来年は全て、値上がりとなります。

☆☆ き.に.な.る.ニュース ☆★2017.11▲戻る この秋は雨が多く変な天気が続きますね〜
せめて自然環境は平穏であって欲しいですね

☆☆ き.に.な.る.ニュース ☆★2017.10▲戻る 議員さんという職業は本当にたいへん!
正直、イイ生業とは思えませんが〜

☆☆ き.に.な.る.ニュース ★☆2017. 9▲戻る やはり世の中が少しズレて軋んでいます。
注油やジャッキでは癒らないようです。

☆☆ き.に.な.る.ニュース ★☆2017. 8▲戻る ノーベル賞候補の先生方は海外留学組だ
ああ、国内のアカデミックは周回遅れなのか?

☆☆ き.に.な.る.ニュース ★☆2017. 7▲戻る カラ梅雨で心配しました。地震や豪雨の
自然災害が来ないことを祈ります

☆★ き.に.な.る.ニュース ☆☆2017. 6▲戻る 世界の動きが少しオカシクなってきた
いずれイスラムが絡む戦争が始まる!

☆★ き.に.な.る.ニュース ☆☆2017. 5▲戻る 新緑の季節がやってきました。少し涼しい
気がしますが、気のせい?それとも年齢?

☆★ き.に.な.る.ニュース ☆☆2017. 4▲戻る 桜の開花がちょうどイイ頃になりましたね〜
淡いピンク色が和む年齢になってきました。

★☆ き.に.な.る.ニュース ☆☆2017. 3▲戻る 明るさを感ずる2月、暖かく感ずる3月
日本には四季があっていいですね〜。