わが生涯の一日なり


商経管材 | 日経 | 産経
Forsight | Facta
47NEWS | 時事通信 | NHK
ロイター | スプートニク
朝鮮日報
| 人民網
サーチナ | Google
天気 | 西区の天気

| 2018 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2017 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2016 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2015 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2014 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2013 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2012 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2011 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2010 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2009 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2008 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2007 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2006 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2005 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2004 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2003 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2002 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2001 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2000 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

  Valve Recordsへ戻る

☆★ き.に.な.る.ニュース ☆☆2018. 5▲戻る さて5月、平成があと1年になりました。
何か寂しい気もします。新しい時代に期待!
2018. 5.24 住民パワー

4250
10数年前に抽水所ができることに反対運動をしていた人たちは、地元の皆さんを呼んで集会を開いたり、署名運動をし行政へ陳情をしたりしていたが、ここ5、6年は、静かなもので、一切声が上がってこない。10年前は、市の施策に反対、反対と横断幕を掲げていたが、今は降ろしている。純粋な民だけの力では萎えてしまうのだろう。後ろ楯がなくお金もない、まして組織がない、やり続けることが生活環境に影響し、このマンションは柄が良くないというレッテルが貼られてしまう。却ってこの地域の民度が落ちて評判が下がるハメに陥る。「こんなウルサイとこ、止めとこ〜」となって、マンション価格が下がる。風評ということを学んだがゆえの結果かも知れませんね〜。
2018. 5.23 守破離

4249
堂島に美味しい蕎麦屋がある。「守破離(しゅはり)」という名前で、何の意味をするのか判らないし、スーッと読めない。ところが中に入ると、家庭的な中に高級感も漂い、お勘定では納得する価格。一品7〜800円というところ。かき揚げが絶品、蓮根の料理もイイ、蕎麦は温冷、両方が用意されていて、茗荷+玉子とじ蕎麦は名品だ。何よりも、ビールはサッポロ、黒ラベルの生も用意されているが、瓶ビールはラガー赤星である。とっておきの日本酒もあるようだが、それはまた今度。そば湯もいただく。
2018. 5.22 世界のゆくえ

4248
テモテへの手紙U3章/1.しかし、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の時代が来る。2.その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、3.無情な者、融和しない者、そしる者、無節制な者、粗暴な者、善を好まない者、4.裏切り者、乱暴者、高言をする者、神よりも快楽を愛する者、5.信心深い様子をしながらその実を捨てる者となるでしょう。こうした人々を避けなさい。/最近は世の中が殺伐として、損得が優先順位一番になってきました。当たり前であった日本人の心がなくなってきました。私たちは性善説からですが、世界は性悪説が基本ですからね〜。WWVが始まりそうですね〜。 → [2014]預言書としての聖書2011.10.12
2018. 5.21 モラル低下か、それとも 魔女狩りブーム?

4247
ハラスメント、不倫騒ぎばかり、もうウンザリする。タレントも議員も、公務員や役人も、町長、坊主も・・・。世の中不倫探し、○○ハラ探しである。何ともはや、日本社会は消滅する?かも知れぬ。本業で失敗すれば納得もいくが、○○ハラで訴えられても知らん話である。酔った勢いでの仕出かしたことかも知れない、の世界では、相手を訴えても仕方あるまい。仕事で叱られていることと、それがパワーハラスメントと曲解されてしまうかも知れない。となれば教育や指導はしにくくなる。彦根の交番で銃殺という悲劇が起きた。叱られたことがないのかも知れませんね〜。ますます、管理職のなり手がいなくなってくる。日本社会は、判断基準がなく、統制や秩序のないものになってしまうのか!
2018. 5.20 東京五輪後の日本経済

4246
日銀や政府のお金の流れがよく解る内容である。今は、昭和から平成にかけてのバブルとは質が異なり、国が主導して、すなわち日本銀行が国債と株式を買い、景気を作り上げている。また株価はバブル時の半値で推移する。実際、徐々に日銀の介入を減らしていかねば、日本は壁にぶつかるかも知れない。その後は、それらの尻拭いを総国民でせねばならない。ところで、ネクスト黒田、ネクスト安倍は、厳しい緊縮財政、構造改革を強いられる流れになるだろうが、政治は政治。大切なのは自らが、経済の動きを見ながら、オカシイぞ?と見極め判断し、「自ら働けば豊かになる」ということを原点に進むことだろう。
2018. 5.19 スポーツ選手たる・・・

4245
最近のスポーツ界、何か狂っている?女子レスリング選手を取り巻くコーチ陣、大相撲の親方同志の紛争?確執が見え隠れする。内閣府に意見書を出す行為も、何か釈然としない。よーく調べて欲しいと強く言っても放置されれば、しこりは残ったまま、長引いて問題は解決せず、停滞してしまう。サッカーの全日本監督が首になり、また日大アメフトの信じられない反則?あるまじきタックル、後ろから思いっ切りぶつかられては、鞭打ち以上の大きなショックがあるはず。無茶苦茶な殺人行為とも思える。スポーツをやっている人は純粋で素直という印象があったが、何がスポーツマンシップでフェアープレイなのだ。最近、ゴルフでもディポット跡やバンカー均しをしないらしい。自らマナーやルールを習得せず、皆、自分の判断でやってしまうのでしょう。
2018. 5.18 長生きの秘訣

4244
同じ業界の方で、米寿で現役の社長という方が、つい先月までいらっしゃいました。とてもお元気ですが、社長を交代されました。周りの方々には、それなりの関係であったかも知れません。しかし長生きの秘訣であることは確かです。人間、毎日やることがあり、行く所があることは、たいへんありがたいことです。野良仕事であっても、会社やお店であっても、お金がかからず、いくらかでも世間の皆さんのためになっているならば、最高ですね〜。停年後や引退後は、毎日ゴルフが出来ると豪語していた人も、2ヶ月も経たないうちに、お付き合いする相手が避けるようになった、と嘆いている姿はめずらしくない。「世のため、人のためになること」を探すまではには、何年かかかる。
2018. 5.17 人口減少の怪??

4243
東京五輪・大阪万博以降、私たちの生活様式に大きな変化が訪れた。それは人間ドックという代物だ。平均月収の数ヶ月分の受診料を払い、自分の身体を検査してもらうという仕組みである。人間ドックが世の中のステータスとなり、企業では社員が年1回受診することに法整備された。ジワジワと日本人の身体が放射線汚染され、モルモットにされていく。CTやPETも強い放射線検査である。惜しみなく癌細胞の予備軍を醸成しているのだ。当然、男女共に生殖機能は落ちる。これは *WGIPの一環であろうと察する。人間ドックはもちろん、ガン特効薬や臨床治療のデータは製薬会社で集積される。また、生命保険に誰もが加入し、しかもガン特約、先進医療特約というシステムもおかしい。やるならば、健康保険でするのが当たり前であるが・・
* War Guilt Imformation Program
2018. 5.16 ギターの弾き語り

4242
先日、中学の時の同級生がやっていたライブハウスで同窓が集まり、その貸切会場で、久しぶりにギターを持った。友人のI君は、絶えず触っているので滑らかであるが、私はうまくコードが押さえられない。I君と一緒に、新井 満の「この街で」を歌った。「ひとり旅」は少しだけでダメだった。感覚は衰えるのだな〜と痛感した。若い頃の曲でもいいから、十八番という2、3曲を常に歌えるようにしておいたほうがイイな〜と思った次第・・・。You Tube で過去に浸ってみるのもイイかも知れませんね〜。ちょうど古いアルバムを整理していたら、高校の時ギターを持った写真があった、若い!→ 妹とひょっこりひょうたん島(1968.12)
2018. 5.15 沖縄返還の日

4241
46年まえの今日、沖縄が日本に返還された、佐藤栄作首相の時である。非核三原則「核を作らず、核を持たず、核を持ち込まず」核抜き本土並みというキャッチフレーズであった。どうも奥歯にモノが挟まった感じを受ける。「本土並み」というのが、既に本土でも米軍の艦船には積込んで入港しているよ、という段階で推移しているのか、その辺りが不透明である。横須賀に米軍の原子力空母が寄港するだけで、左系団体がデモをしていたことを思い出す。30年以上時が経てば、文書公開ということもあろうかと思われるが、その頃の政府はアメリカに盲従であったのでしょうか?今よりは、胆力を持った豪快な政治家がいたように感じますが・・・。
2018. 5.14 メディアの曲がり角

4240
TVニュース、新聞記事にしても、事実なのか?それとも嘘なのか?裏を取らなかったり、安易な報道することがあるから、フェイクニュースだと言われるのである。各社お家の事情があるし、TVも新聞も、ネットに押されてしまい視聴率や購読数が年々下がっている。本来のあるべき姿を、横に置いてしまい、自社のための費用対効果しか頭にない。それでは、大衆はTVから離れるし、わざわざ新聞は買わない。身近なネットから情報を得ることになる。その方が色んな角度から事象を見ることができるし、事実の骨格が見えてくるし、放送局報道側の思惑が入らない。メディアは、中立かつ公共性という報道の原点を忘れているのでしょうか?大衆受け、視聴率、いちゃもんを気にするから、ますます薄っぺらくなるのではないか!
2018. 5.13馬上の二人

4239
19世紀のテキサス、数年前コマンチ族にさらわれた白人の少年と娘を救出するため、保安官ガスリーは騎兵隊ゲイリー中尉とコマンチの土地に潜入する。 囚われの身となったが、少年と娘を捜し当てた。コマンチと取引が成立して2人を連れ帰るが・・・。助けられた娘は、白人社会に戻れる希望が持てたが、少年はコマンチとして育てられていて不幸な結末であった。監督:ジョン・フォード、出演:ジェームズ・スチュワート、リチャード・ウィドマーク(1961 米)。ところで、北朝鮮に拉致されて何年も経った今、既に生活基盤が出来あがってそれなりに落ち着いているかも知れず、どちらにとっても酷い話である。
2018. 5.12 お葬式

4238
最近、自宅でされるお葬式は見かけなくなった。ほとんどは会館や寺院で行なわれる。先日、葬祭専門の会館でのお葬式に参列したが、故人を偲び称えるソフトなナレーションが、何か耳障りであった。ドラマチックに故人を仕立て上げることは、喪主になりかわり執り行なうのだから、親族はじめ親しい参列者に少々無礼な気がする。自宅でするならそんなお葬式は相応しくないでしょう。故人への思いは、皆それぞれ異なるのだから淡々と式次第に従って進めれば、それでイイ。脚色は一切不要である。仏式であれば、お坊さんがお経をあげているときや焼香の際、皆それぞれに故人を偲び、故人との思い出に心を寄せる大切なセレモニーである。
2018. 5.11 本せきぐち

4237
大阪のすき焼き、ラードをひいてザラ目の砂糖をパラパラと鍋にふって、上等の牛肉をジュンジュン、醤油だしをサラッと掛け、白菜、糸こん、焼き豆腐、春菊、椎茸が一回目の鍋、その次はお肉、白菜、葱、えのき茸。仲居さんが焼いてくれる。取り皿は玉子、山芋を溶いた出汁の二種類、最高級黒毛和牛、特製ザラメ砂糖、京都から取り寄せるこだわりのしょうゆ、伝統の純関西風、創業以来140年の伝統の味だそうだ。お肉屋さんだけあって、肉は旨い。
2018. 5.10 診療所の経営?

4236
10年前に医者不足と言われたが、今は何も騒がない。余りにも国の施策が複雑で、一貫性に乏しく、医療業界が振り回されているように思う。さて東京商工リサーチ(TSR)の信用情報に、診療所の記事が多くなってきた。医療法人という組織は、特別、特定があって許認可がバラバラだそうで、単なる診療以外にデイサービスや訪問介護事業を展開、さらにメディカルサポートと有料老人ホームまで。お医者さんが、経営手腕をも持ち備えているとは思えないし、何もそこまで拡げることは不要ではないか、と思う。個人診療で地道な開業医のほうが気楽なはずである。また、調剤薬局の倒産も目につくようになってきている。どうも、旧厚生省管轄の診療所や薬局に、その行政の歪みが出てきているのではないでしょうか?
2018. 5. 9 税制改革と公正証書

4235
中小企業の経営者向けのセミナーを受けた。今まで所轄の税務署の説明会は聞いたことがあったが、一般企業向けで聞いていてポイントが見えないことが多く、関与税理士の先生に聞けば判ることなので、勉強はしてこなかった。また相続の公正証書と言っても、つい2年半前に親父の相続をしたばかりで、母は健在。まあ自分の時のために、聞いておくのもイイなぁと思い参加した。30年度税制の指針を説明を聞き、改正されたところの要点を詳しく判りやすく教えていただいた。また相続対策のため遺言については、自署で認めるよりは、公証人にご自分の意向を話され、それを文書にしてもらうのが良く、費用のことも説明してもらった。もうそんな年齢かと、終活も視野に入れねばならないなぁと感じた次第。
2018. 5. 8 赤尾 敏の本

4234
赤尾 敏という政治家は子供心に良く覚えている。参議院の全国区に立候補されたときに、父が一票を投じたからである。母が入れた人は当選し、赤尾 敏は落選したからである。父は「言うてたことが気に入った」と言っていたが、投票済証を見ながら「へー」と初めて選挙なるものを教えてもらった。昨年読んだ「民主と愛国」(小熊英二)に名が載っていたので、その時に、昔の記憶を呼び覚まされたようだった。読めばなるほど、案の定、右でも左でも道から逸れれば、物を申す人物であった。父は、その生き様に一票を投じたのでしょう。私の祖父と同じ年代で、その時代がよく解る。読み易い本である。
2018. 5. 7 ものごとの本質はどこへ行った?

4233
先進国G7の国は、保守の顔をしながら、グローバリズムを進めている。野党は、安倍首相は右翼だと騒がれているが、決して右とは思わない。またイギリス・フランスやアメリカは、シリア砲撃を行ったし、やはりナショナリズムを散らつかせながら、相変わらず他国におせっかいをしている。EU離脱や国境に塀を築くと、思いっきり右に振ると言いながら、経済面ではグローバリーゼーションを進めている。さて日本の国会、愚の極めは、森友・防衛省日報を再度引出してきて、さらに次官のセクハラ責任は大臣に有りと、大臣の辞任を要求、実にバカげている。未だに半島情勢を睨んだ話はない。タブーには触れないでおきましょうと国対では了解済みですか?国会もマスコミも本質を見失っている?あーあ、情けない!
2018. 5. 6 コロッケ

4232
「これは旨い!」と思ったのは、西宮の山垣畜産のコロッケである。揚げる前の冷凍したコロッケで、玉葱の甘さが生地に染み込んでいて、美味しいのである。かつてゴルフ帰りには必ず山垣に寄って30コ、40コとお土産にしたものだ。何せ子供たちが育ち盛りで無茶苦茶食べた時代であった。揚げたてのコロッケを買って来てビールのつまみにすることもあるが、私にとって、このコロッケの味がベースになっている。ところで山垣コロッケ、今は少し小さくなっているが味はそのままである。
2018. 5. 5 心地よさをモットーにこどもの日

4231
年齢と共に、タクシーに乗る機会が多くなった。運転手によっては、運転が下手な方も居る。あーあ、運が悪かったと諦めるしかないが、運転のプロなんだから「もう少し考えてくれよ」と思う。アクセルの踏み方、ブレーキの掛け方が緩やかででなく、身体が後ろへ前へ、僅かであるが「のめる」「のけぞる」感じになる。長い時間であれば、おそらく車酔いになるかも知れぬ。目的地に早く着くことよりも、ゆっくりとした速度で、快適さと安全を第一に運行してくれればイイと思う。若い人たちには人気のない職種は、人材確保はたいへんだ。特にタクシーの運転手はそうらしい。
2018. 5. 4 創立記念日で休みだったみどりの日

4230
今日は卒業した高校の創立記念日である。当時は4日は国民の休日ではなく普通の日であった。父も同じ旧制中学を卒業で、この日ではなかったと聞いている。25年の時が流れて、先生も生徒も効率がよいということで4日を創立記念日として休みとしたと、担任の先生から聞いた。実に現実的な賢明な判断であると思う。確かに、4日が登校日であれば、生徒の中にはズルをして休む連中が多くなる恐れがあるし、一層のこと休みにしてしまえば、先生方も研究に没頭出来るし、リズムが狂わなくて済む。しかし客商売の業種では、この判断は難しい。やはりカレンダー通りに、店を開けねばならないでしょうね〜。納得、納得!
2018. 5. 3 亀の池憲法記念日

4229
四天王寺の亀の池を見に行った。カメラを持って遊びに行ったというのが正しい。甲羅に黄色の線、オレンジの線が付いているのも居て、昔ながらの亀も棲んでいるのか、と心配しないでもない。外来の亀に、古来からの亀がやられているのではないかと気になる。1960年以降に外来種がペットとして日本に上陸、飼わなくなったり手に負えなくなり、近くの池や湖に放して、カメ、カエル、淡水魚が繁殖、日本古来の生態系が壊れている。外来種のほうが獰猛で強く、元来日本のそれは、やられてしまうのだ。人間の世界でも、渡来人に占領されてしまったという歴史があるだけに、動物生態系もエライことに陥っている。
2018. 5. 2 1970年代のミュージック

4228
すでに化石になる一歩手前の年代に差し掛かった。BSで1970年頃の有名ミュージシャンの紹介をやっていた。カーペンターズ、アバ、クイーン・・・。懐かしい映像と共に、当時バンドの裏話やヒット曲の秘話に触れると、この人たちも、そろそろ終焉、自分の若い頃の思い出に浸っている感じ Yesterday Once More. 電子楽器やオーディオ機器の進化と一緒に育った年代です。50年前は、動いているミュージシャンの映像は見ることは、ほとんどなく、レコードジャケットで見る程度であった。今は、YouTubeで懐かしい歌を聞くことが出来、動画も見ることが出来るので、ありがたい話です。しかし、ついつい関連のミュージシャンが出てくるので、時間の経つのを忘れてしまう。寝不足気味?
2018. 5. 1 国益を討議するのはタブーなのか?

4227
昨年K・ギルバートが対中華思想の本を出したが、この時期になぜ?米の思惑は何なのか?日本を孤立させるゆえの占領プログラム*WGIP なのか?中華思想で治まっている中朝韓に、日本が主導権を握る方法はないものか、など、そんなものはある筈はない。それはトランプに任せておれば良い。無意味な中国包囲網の形成はせずに、傍観して国政に専念すればいい。外交に中朝への目論見を入れると「告げ口」ともなりかねない。ところで評論家や政治家、お役人も含めて、東アジアのことや国のあり方を話さない。タブーやヘイト、差別に問題がすりかわるので閉口、誰しも激論を避ける。3、4年の短い任期では、国への思いが薄いのかも知れませんね〜。本当の愛国心は秘めているのでしょう。
* War Guilt Imformation Program

| ▲戻る | go to TOP |

* アクセスカウンターは都合により廃止しました。