わが生涯の一日なり


商経管材 | 日経 | 産経
Forsight | Facta
47NEWS | 時事通信 | NHK
ロイター | スプートニク
朝鮮日報
| 人民網
サーチナ | Google
天気 | 西区の天気

| 2020 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2019 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2018 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2017 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2016 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2015 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2014 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2013 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2012 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2011 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2010 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2009 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2008 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2007 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2006 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2005 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2004 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2003 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2002 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2001 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2000 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

  Valve Recordsへ戻る

☆☆ き.に.な.る.ニュース ★☆2019. 9▲戻る 防災と敬老月間です。お彼岸もあります。
身体を労り、夏の疲れを癒しましょう。
2019. 9.16 日本の国に感謝する敬老の日

4725
団塊の世代が70歳以上になり、現役で活躍する割合は少なくなって、あと10年もすれば、ほとんどが引退される。そうなったとき、働く世代がどう変化しているのか、実に不安である。ただ安心できるのは日本には皇室があり天皇が鎮座されていることだ。昭和・平成・令和と厳粛に引き継がれてきたことは、日本の歴史の重さを感じざるを得ない。来月の即位の礼には各国の要人が来日される。実に素晴らしいことである。国に揺るぎないバックボーンがあり、安定していることは、国民にとってこの上なくありがたいことである。
2019. 9.15 組合の管工機材設備総合展

4724
2年に一度の第19回管工機材設備総合展OSAKA2019 が、インテックス大阪6号館Aで開催された。テーマは「未来をひらく流体テクノロジー」、ひとまわり大きな会場に、過去最大規模195社団体が出展、379コマが結集した。能率協会の協力を得てユーザー様向けの講演会も開催された。来場者数は3日間で1万7千人を突破。会場が大きくなった分、盛況の入りでした。弊社社長は実行委員、組合理事、専務は青年部ブースのお世話役を拝命している。
2019. 9.14 ♪月がとっても青いから・・・

4723
幼な心に憶えている歌の、唄い出しである。"・・・遠まわりして帰ろう〜"。世の中には遠まわりしてたどり着く時がある。近道を見つけてショートカットするのも痛感であるが、遠まわりもこの歌のように、乙なものである。時折、迷ったのかな?と次の道が見えなくなって、不安に陥る時もあるが、そんな時はドローンで俯瞰してみるとよく理解できる。別れ道であったり、迂回路であったり、寄り道や回り道もある。最短距離の直線で、しかも赤じゅうたんが敷いてある道なんてあるわけがない。長く曲がりくねった道がほとんどである。今日はお月見、満月。
2019. 9.13 香港の行く末

4722
まさしく香港で体制側と民衆とで鍔迫り合いをしている、"天安門事件"の再来である。イギリスの統治下であった香港が99年後に中国へ返還されたが、政治の体制が異なるゆえに、摩擦が起きている。当たり前の話だ。北京にとっては"靴の中の石ころ"で、無理に押さえつけることは難しい。誰も百年後は判らないが、アジアの中華民族に懸念を持つ英国側の"仕掛け"だったのですね〜、毛沢東が共産党の中国を建国して1年後、台湾の中国民国への返還ではなく、中華人民共和国へ返還することにしたのです。西欧の先進国は狡猾ですね〜。同じ中華民族を、分裂させてしまうのですから・・・・、朝鮮民族も同じ扱いか?
2019. 9.12 世の中の常識

4721
日本には日本の常識がある。それを共有しているのが心の支えとなっているが、決してそうではない場合もある。もう10年以上前の話であるが、盆踊り大会の開始時刻前に激しい雨がやってきた。しばらく降ったが、急遽砂を入れて、開始時刻を少し遅らせて実施をしたときがあった。野外での催し物には「雨が降ったから中止やで〜」と大人の経験から判断してしまうことがある。主催者とすれば、急な延期をどう周知させるのか、屋台やお楽しみ抽選など、用意したものが無駄になってしまうことが、一番困ることで、予定通り開催をしたいのが本音。イベントをするかしないかの判断は非常に難しい。
2019. 9.11 大相撲九月場所

4720
白鵬が残念なことに2日目から休場となった。外国人力士の中には、日本人の伴侶を娶った者は、そのまま残ることが多い。ところで今場所、安美錦が引退して淋しいが、大関復帰を狙う貴景勝、カド番の豪栄道と栃ノ心、勝ち越しが続いている友風、志磨ノ海、平幕優勝をした朝乃山の活躍と、炎鵬と照強、同じ年で背丈はほぼ同じ、小兵のライバル力士、に注目したい。ベテラン豊ノ島、幕尻の栃煌山の踏んばりを見せて欲しいし、大関がパッとしない分、関脇・小結には頑張って場所を締めて欲しい。
2019. 9.10 "問うに落ちず・・"

4719
人間は面白いもので、人から質問をされたときには、隠していることは漏らさないように心掛け、用心はするが、自分からしゃべるときには、うっかり口をすべらせてしまい、つい本当のことをしゃべってしまうものだ。『問うに落ちず語るに落ちる』、万国共通の真理である。確かに、自分からしゃべろうとするとき、悦に入ってくると漏らしてはいけない秘密も、ここだけの話と、しゃべってしまうという諺である。相棒もコロンボでも同様、刑事が同じことを何回も訊ねるのはそれである。その気になって、自らしゃべるとポロッと本心が吐露されるのだ。
2019. 9. 9 議員の面子が変わる?

4718
安倍総理が、自民党の役員人事と内閣の改造を行なう。官房長官と副総理は代らず、今のところ、行動力があって、ものごとを理解している顔ぶれのような印象を受ける。内閣の目玉は憲法改正で、外交や安保、年金や金融、経済全般においても問題が山積しているので、的確な施策を確実に実施していただきたいと思う。韓国にはうんざりするが、韓国のマスコミも国民にも、現状を気が付いてもらうことが先決でしょうね〜。ところで、バリアフリー設備を整えておく機会を得て良かったと思いますが、N国・れいわ云々の議席、それに絡む野党、何かイヤーな予感。福祉に目が行くと大きな国策を見誤ることが多い。
2019. 9. 8 年相応の話?

4717
盆踊り大会の反省会があった。地域のお世話に携わってからもう40年になるな〜とお互いに白く薄くなった頭を見ながら談笑、そんな中、健康の話になって、クスリを飲んでるとか、血圧の話になったが、私の主治医は3年前に亡くなったので、それから通院はしていないし、健診にも行っていない。悪い所があるのか異常な箇所があるのかも判らない。クスリはビタミン剤しか服んでいないと言うと、同じような奴がいた。そいつ曰く、クスリは毒だと言う。血圧をなぜに130?なのか、メタボの胴回りはなぜに一律85cmなのか?、医療の基準には不信感がある、と意気投合。医者に罹らなくなってから、至って健康になったことは確かである。
2019. 9. 7 ソルティードッグ

4716
12弦ギターの鋭い音のイントロ、3人のハーモニーにも勢いがある。The KingstonTrioの"BACK IN TOWN"の一曲である。このタイトルがカクテルの名前と知ったのは大学になってからで、今年の春マスダで飲んだソルティードッグが忘れられず、作ってみた。ウォッカとグレープフルーツ、それと塩。グラスの口あたり、氷は丸くないが、ほぼこんなものか〜?自分で勝手に喜んで、納得して、味わっている。これを分かち合える奴がひとり1人減っているのも現実である。脳裏では12弦がバンジョーの音色に代っている。
2019. 9. 6 言葉がすべて

4715
「無」の世界はなんでしょうか?言葉もない世界に放り込まれたら考えることも何もできない。言葉から受けるイメージを頭に描くことができなくなる。パソコンから辞書データをすべて削除するようなものだ。ファイルを全部消去すれば、何の役にも立たない。検索するにもデータがなければ、分析することも何もできない。その状態を「無」と言うならば、坐禅をしたところで頭は空っぽにはならない。眠りに落ちる瞬間が「無」に近い状態かも知れません。人は言葉で生きる動物ですから、言葉を失うと何の発想もできないし、語彙が極めて少ない人に「発想しろ」と言っても、無理な話。意味も判らず論語を棒暗記をしたところで概念が豊かになることはない。
2019. 9. 5 三すくみ

4714
立法、行政、司法の三権分立ではないが、国の骨格としてシッカリしたものでなければならない。世の中にはグー、チョキ、パーのことが多い。蛇となめくじと蛙は元より、議員、役所、住民もそうである。議員は役所に強く、役所は住民に強く、住民は議員に強い、世の中はうまく三者が絡み合い、力の加減、バランスがいいとうまく回って行く。三人よれば文殊の知恵、三本の矢、三位一体、三方よし・・・三の付く言葉は多い。グー、チョキ、パーに例外や特例を作れば、ものごとが治まらないどころか、混乱してしまう。
2019. 9. 4 歴史の編纂

4713
かつて水戸光圀がそれ以前の歴史を大編纂をした。編纂する上で、実は○○だったが、そこは抹消されてスッキリした流れになったなど、あったかも知れない。勝てば官軍であり、長生きをすれば古い話は塗り変えられることもある。信長、秀吉、家康と同年代を生きたが、家康が一番の長寿であった。世の中が徳川の時代になったとき、安土桃山の戦乱の世を、家康が自分の都合のいいように、事象を脚色していない、という確証はない。周りの者が亡くなっているのだから、己の手腕、策略でこうなった、と際立たせることはできる。狸おやじという所以かも知れぬ。お隣の張り子の寅は、わずか5年で歴史を塗り変えようとしている。
2019. 9. 3 カツオの独立?ワカメは?

4712
国民的アニメ「サザエさん」のマスオさんの声優が交代した。アンパンマンのジャムおじさんの声もそうだが、長寿番組にはいずれ訪れることだ。ところでサザエさんの第3巻、フグ田マスオさんと結婚をして子宝にも恵まれ近くの借家で住むが、立ち退きを余儀なくされ、磯野家へ。母方の直系との二世帯家族の始まりである。将来、カツオもワカメも独立して、みんな核家族になるのか、それとも波平とフネだけがそのままフグ田家と暮らすのか?漫画の成立ちは別として、どの形がイイものか?母系か父系か、どうでしょうかね〜?
2019. 9. 2 カーベカイザーのバウム

4711
土曜日、家内とふたりで甲子園へバウムクーヘンを買いに行った。ところが店内の様子が一変、バウムクーヘンが一切なし、それに類するお菓子もない。入ったところにディスプレイしてあるお菓子が2、3転がっているだけ、バウムクーヘンは何千個も予約は入っているそうで、2、3ヶ月待ちで店頭販売はしていない。何かあったのかと首を傾げる。マツコのTV番組で紹介され、それでブレーク!本格的な手作りのお店に、突然おとずれた悲鳴が聞こえてきそうだ。仕方なく何も買わずに帰った。
2019. 9. 1 防災の日

4710
阪神大震災があり、東日本の大地震、熊本の地震もあって、9月1日の関東大震災の日は忘れかけている。大阪市では15年位前までは、9月の第1週には震災訓練が行なわれていたが、今は実施されていない。行政の防災対策は、○○本部の形を作って、水・毛布ほか備蓄をするまでのものが多く、そこで危機管理は終了、日頃からどういう会合、どういう訓練をしておくか、またそのベースとなるコミュニティー活動をどのように展開していくかまでは踏み込んでいない。10年前までは毎年8月には「○○本部××を隊長として・・」の地域の取組みを官公署(ガス・電気・水道・電話)を含めての連絡会があったが今はない。万が一の時はどうするのか?画餅もない状況で、現場は混乱するはずだ。

| ▲戻る | go to TOP |