わが生涯の一日なり


商経管材 | 日経 | 産経
Forsight | Facta
47NEWS | 時事通信 | NHK
ロイター | スプートニク
朝鮮日報
| 人民網
サーチナ | Google
天気 | 西区の天気

| 2020 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2019 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2018 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2017 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2016 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2015 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2014 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2013 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2012 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2011 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2010 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2009 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2008 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2007 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2006 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2005 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2004 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2003 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

| 2002 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2001 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |
| 2000 | Jan Feb Mar | Apr May Jun | Jul Aug Sep | Oct Nov Dec |

  Valve Recordsへ戻る

☆☆ き.に.な.る.ニュース ★☆2020. 8▲戻る 夏のイベントは軒並み中止になっています
淡々と足元を見つめながら地固め生活ですね
2020. 8.15 ゴッホ

4995
夏の花は何と言ってもひまわり、ひまわりの絵と言えばゴッホである。ゴッホという画家の存在を知ったのは7つ上の叔母からであった。夏休みに祖父母の家に泊りに行った時、中学生の叔母が、自分の耳を切って、精神病に悩んで自殺したフランスの画家のことを教えてくれた。小学生の自分にとっては衝撃的なことであった。小林秀雄氏が「ゴッホの病気」について書いている。『私の実感から言えば、ゴッホの絵は、絵というよりも精神を感じられます。私が彼の絵を見るのではなく、向うに眼があって、私が見られている様な感じを、私は持っております。』と。
2020. 8.14Seasons in the Sun

4994
Rod McKuen の美しい曲であるが、男が別れを決意した歌である。死ぬのは辛い、妹のエミール、父に別れを告げ、器量好しの妻フランソワにもさようなら。友人との不貞を知りながら去っていく男の心境を歌う。Rod McKuenのカーネギーホールでの実況録音盤でのこの曲、決して美しい声ではないシワガレ声の Rod が力強く歌う、怒りと愛が混在したどうしようもない心情が表れている。"・・・starfish on the beach"で終わる。後にテリー・ジャックスが歌ってヒット「そよ風のバラード」=訳のワカラン邦題名が付いている。
2020. 8.13民主党の大統領候補

4993
ジョゼフ・バイデン氏が民主党の大統領候補であるが、その副大統領にカマラ・ハリス氏が決まった。ジャマイカ系とインド系の移民で55歳。片や従来からのアメリカの支配者層とマスコミを敵に回した共和党のトランプ氏は苦戦を強いられる。今までロックフェラー家の傀儡とされてきた米大統領で、JFKが暗殺され、レーガンが狙撃された。党は関係がない。ロックフェラー家にとって都合がいいかどうかで決まる。アメリカを真面な、自由闊達の国にするには、ドナルド・トランプ氏の方がイイように思うが、米中はさらに緊迫する。
2020. 8.12 〜すべき?

4992
世の中に起きていることに「〜すべき」で考えると、イライラが募り、怒りが生じてくる。特に自分以外の人へ「〜すべきだ」と判断してしまうと、腹立ちが生まれ、エスカレートすると恨み、憎みまで発展する。恨まれ、憎まれたその他人さんは、全く感知しないことで、「アイツの言葉づかいが辛辣だ」「なんでやろう?」と。「やるべきことはすべて行うのが当たり前だ」という思い込みは、神様でもあるまいに到底無理なことだ。自分の価値観でゴリ押しで進めることは簡単だが、やりすぎると裸の王様、高所からの態度では、相手は聞く耳を持たないものだ。「○○すべき」が思考の中でウロウロすれば、視野はムチャクチャ狭くなる。
2020. 8.11巨匠エンニオ・モリコーネ

4991
イタリアのエンニオ・モリコーネと言えば、私にはマカロニウェスターンのテーマ曲「夕陽のガンマン」「さすらいのガンマン」「荒野の用心棒」シリーズで、当時ラジオでよく流れていた。ワンス・アポンナ・タイム・アメリカ(1984)、ニュー・シネマ・パラダイス(1989)、海の上のピアニスト(1998)、鑑定士と顔のない依頼人(2013)など印象に残る映画の音楽を担当している。曲想の趣が爽やかな中にも、物憂げな気怠さがある。またやさしさ溢れる旋律で包んでくれるのもモリコーネの素晴らしいところである。先月7月6日亡くなった。91歳。
2020. 8.10 生駒山 山の日

4990
私にとっては生駒山の存在が大きい。生駒を見て育ったからだと思う。東京からの帰り、新幹線で京都を過ぎると左後ろの方向に生駒山が見える、近鉄で大阪に向かうと右側に生駒の山並みが見える。奈良盆地から見た生駒も左右反対になるだけだが、生駒山である。標高642m、山頂のテレビ塔の数は増えてはいるが、稜線に変化はない。関東では東京タワーやスカイツリーなどの電波塔を作る必要があったが、大阪では山頂に作ればことが足りた。アンテナは東に向けるというのが、大阪の常識、染みこんでいる。阪奈道路や暗峠、ケーブルカー、山頂遊園、子供会ハイキングなど、生駒山にはいろんな思い出シーンが甦る。
2020. 8. 8 アンガーコントロール anger control

4989
なかなか出来ないことですね〜。私の場合は、単なる怒りだけの時は、一呼吸をおいてリセットできるのですが、ひどい疲れが伴ったときは、自分を制御できない。今にも横になりたいという自分が居るときは、全く余裕がないので、その時の対処法を習得せねばなりません。その疲れは休息や睡眠で癒されますが、怒りは癒されない。治まったように見えるだけで、怒りは潜んでいる。時が経てば、余計な尾ひれは取れて「怒りの本質」だけが浮び上がってくる。そうすれば異なった視点から冷静に見ることができるが、怒りが鎮静化することはない。しかし、その怒りをパワーに置きかえることができるのは、人間のイイところである。
2020. 8. 7 百戦百勝 城山三郎 1974

4988
働き一両・考え五両と親父から教えられた豆二、豆を2つ撒いて、芽が出てきたら丈夫なほうを残して間引くということ、片方はスペアかセーフティーネットということだ。新潟と群馬の県境、山奥から東京に出て、大成功をするサクセスストーリーである。時代背景は大正から昭和、関東大震災、二二六事件、大空襲も登場する。一貫して3分の利を狙って相場をはる豆二、食堂のお安は働き一両から地道に小金を貯めるタイプ、そのお安の大阪弁が物語にアクセントを与えてくれる。奥方冬子のキャラは素晴らしい。
2020. 8. 6 組合の通常総会

4987
コロナ禍のなか大阪管工機材商業協同組合の第71回通常総会が心斎橋のホテル日航大阪で開催された。受付はアクリル板を設置、フェイスガードを付け、出席者はマスク着用、体温を計って実施された。事業報告、決算報告、監査報告、事業計画、予算案などが審議され、今年は改選の年で、新理事長には岡崎氏が選任された。弊社川村社長は、この通常総会で18年勤めた理事を退任した。弊社は今年創業百年を迎え、業界の管材新聞がインタビューをしてくださり、カワムラの今後の抱負や組合事業への思いを語った。 → 管材新聞記事
2020. 8. 5知りすぎてた男 1956(米パラマウント)

4986
ヒッチコック監督作品、モロッコのマラケシのバスツアーから始まる。ジョー(ドリス・デイ)が不審を抱くが、夫ベン(ジェームズ・スチュワート)はお構いなし、イギリスのドレイドン夫妻と観光を共にして、事件に巻き込まれ・・狙撃するシーンはゴッドファーザーVの劇場と重なるが、やはり何と言ってもドリス・デイの"ケセラセラ"の独唱が圧巻。ハンク(クリストファー・オルセン)、ドレイトン夫(バーナード・マイルズ)、ドレイトン妻(ブレンダ・デ・バンジー)、ベルナール(ダニエル・ジェラン)、警部(ラルフ・トールマン)。
2020. 8. 4 道路拡張

4985
西名阪の香芝ICから南へ、中和幹線に通ずる道路が整備され、拡張されている。旭ヶ丘団地の交差点から南側は歩道付きの道路が出来そうで、道路西側の家屋店舗が立ち退き、重機が入って道路整備をしている。一方、交差点から北側には、ホームセンターは後退して、横断歩道橋も次の道幅に合わせて設置されているが、それに隣接する、2階建ての店舗が在って、それが問題を抱えている様に感ずる。何か不自然な趣きで、1階に喫茶店や飲食店、2階に不動産屋さんが入居、○○不動産と大きく看板が出ている。立ち退きを巡って、長引くかも知れませんね〜
2020. 8. 32:10  6:18  10:44

4984
Rod McKuen のバラッド、美しい曲である。私が若い頃にこよなく聞いていたThe KingstonTrioがカバーしていた。汽車の発車時刻を訊ねたところ応えた時刻である。それにしても1日に3本とは少な過ぎるし、よほど田舎町なのでしょう。昼の2時、夕方の6時、朝の10時と解釈したほうが自然でしょうね〜?ふと、夢かうつつか、聞いてみたいなという曲が思い出される。「ウムーッ、レコードはみな処分してしもたんや!」とハッと我に戻る。記憶には鮮明に甦っているのだが・・・・
2020. 8. 2 古希のお祝い

4983
家内が元気で古希を迎えることができた。とても嬉しいし、健康で迎えられて、これ以上のものはない。結婚して46年である。自分が70歳になることよりも、夫婦一緒に、元気で古希を迎えることに何とも言えぬ喜びを感ずる。梅雨が明けて本格的な夏が到来、今日は朝から庭の芝刈りと生け垣の選定を行なった、ひと汗をかいた後、香芝市で評判の手作りケーキ屋さんにバースデーケーキを引取りに行った。少し大きめのロウソク7本を付けてもらった。お店の前のお祝いボードに名前が書かれていた。次いでにおはぎ屋さんで赤飯を買って帰った。
2020. 8. 1 名探偵 ポワロ

4982
今年はアガサ・クリスティーの生誕130年、NHKで「ポワロ」シリーズを毎週土曜日に放映している。非常にロジックな組立てで謎を解いていく捜査スタイルはポワロならではである。コロンボの場合は犯人が判っており、そこに迫る面白さがあるが、ポワロは普通の推理小説と同じ。時代は90年程まえのヨーロッパ、大尉のヘイスティングス、秘書のレモンも垢抜けがしていて、まさに時代の先端をいく大英帝国の雰囲気がある。ポワロのテーマ曲は、剽軽で、如何にもポワロが出没するような印象的である。

| ▲戻る | go to TOP |